世界とまみれて、世界を変える。RPG 立命館大学

アミ(文学部)

2016年度 立命館・

UBCジョイントプログラム ※2017年度に「立命館・UBCアカデミック・

イマージョン・プログラム」に改訂)

安心して、世界とまみれる。

私はサークル活動の関係で、
他の人よりも留学するタイミングが
遅かったんです。
普通なら就職活動の準備や
単位取得の関係で、
留学を諦めてもおかしくないんですが、
思い切って参加することにしました。
その理由は、3つあります。
1つは、
単位を取れる留学プログラムだったこと。
留年せずに卒業できることは
大きなポイントでした。
2つ目は、
バンクーバーという街が持つ魅力。
移民の街なので、
大学の授業で学んでいた
「多文化主義」を肌で感じてみたかった。
3つ目は
UBCキャンパス内に
「立命館UBCハウス」があったことです。
立命館大学の職員がそこに派遣されていて、
サポート体制が整っているので
心配性の私にはピッタリでした。
実際に色々サポートをしてもらって、
選んで大正解だったと思っています。
この留学で安心して
世界とまみれたおかげで、
それまでヘラヘラしていた自分に
軸めいたものが芽生えたのも事実ですね。